ukulele02 of ogura guitar school

P1050555.JPG

ウクレレの選び方

ウクレレ選びに迷っている方へ


ウクレレの種類

P1050542.JPGウクレレ選びですが、最初は、たくさんありすぎてどの楽器を選んでよいのか分かりません。楽器店で店員さんに聞くのが一番ですが、楽器店に入る事ってなかなか勇気がいりますよね。。。今はamazonという強力な存在がありますので、最初の一台はこのamazonを活用して準備しましょう! オススメの楽器を書きますよ~♪ 
まずは、ウクレレの種類から見てみます。








主に3種類

351.jpg左ソプラノ 中コンサート 右 テナー

子供から女性向

ウクレレと言えば、写真左のソプラノが挙げられます。 一番小柄で可愛らしい、これぞウクレレという音です。お子さんから大人の女性まで、まずはこの形から入りましょう。 
小柄ゆえに、手の大きな男性は少々、押さえにくいです。

大人の男性向

男性は写真真中にあるコンサートを選ぶと良いです。 
違いは高音部のフレットの数が多いのでソプラノよりも高い音が出せる事と、ボディーが若干大きいので、音量も大き目ですよ。 
私も手が大きいのでコンサートタイプを使用しています。

手が大きく太い指の方向け

更に手が大きく、指も太くたくましい手をしている方は、写真右側にあるテナーを選ぶと良いです。
コンサートよりも音域も音量も出ます。 日本ではあまり見かけませんが、海外の男性ではテナー使用が多いです。 
形が大きいから抵抗ある・・・と思う方もいるかと思いますが、指が太いとソプラノは弾けませんので注意が必要です。










ウクレレと言えば

6307902.jpg憧れのKKマークです。ウクレレと言えば、ハワイ産です。 中でもkamaka (カマカと呼びます。)は定番中の定番。ハワイアンコアという材を、ベニヤ板状に重ねて使用(合板)するのではなく、薄く削った1枚を張り合わせて(単板)使用しています。 
ハワイアンコアも希少価値が高くなっていて、むやみに輸出することが出来ないワシントン条約Ⅱ種に指定されました。 このこともあり、楽器の値段が高いです。 カマカのウクレレはソプラノで12~16万円程します。








日本産のウクレレ

F01.jpgフェイマス良いですよ。ハワイ産は良いけれど、もっと求め安くて良い楽器はないの??という声も聞こえてきそうですが、あるんです。
日本製ですが素晴らしい仕事をしていますよ。 それが、Famous (フェイマス)です。 こちらは合板のものは1,5万円からありまして、ぐっと求めやすいです。楽器店へ行って、「初めてのウクレレ選びです」と言いますと、大体、この楽器を勧めて来るぐらいの定番ウクレレです。








Famous FS-1G

F02.jpg入門定番楽器です。 こちらは合板ではありますが、amazonで安いものは15.800円~という金額で売っています。楽器店へ行くと2万円以上の金額で販売されています。

こちらはマホガニーの合板です。

こちらからご覧になって下さい。 
FS-1G





amazonにはセット商品というものもあります。 音を合わせるチューナーやストラップ、替え弦などがセットになて販売されています。 チューナーも必須の商品なのでセット販売でも構いませんが、チューナーは1000円前後で売られています。 ストラップも1000円~ぐらいからありますが、探すのが億劫な方はセットでも良いと思います。 

こちらのセットは大変お得です。
FS-1Gセット








これは激安楽器です。

P1050562.JPGエルヴィス恐るべし。もっとお求め安くて入門にピッタリな楽器があります。こちらの楽器はどこで作られているか分かりませんが、あまりにも安いのに評判が良かったので僕も買ってみたところ、意外や意外、しっかり鳴ります!

さすがに合板ではありますが、amazonでソプラノでは6.200円という驚異的な価格で出ています。ボディー材マホガニー。 僕の持っているものはコンサートタイプなので、11.000円。 もう、3年以上使っていますが、しっかりしてますよ。 
こちらもマホガニー合板です。


詳細はこちらからご覧になって下さい。 
Elvis ウクレレ








まとめ

P1050556.JPGハワイアンコア材です。いきなりカマカのような高級なウクレレも良いですが、まずは無理せず、予算にあったウクレレを選んで楽しんで下さい。 しっかりとお伝えしますが、安いから変な音がするという訳ではありません。最後に紹介したELVISでも十分に楽しめます。


判断基準としまして、ハワイアンコアの単板で出来た楽器と、ELVISを弾き比べた動画を作りましたので、こちらを見て参考にしてみて下さい。






10万円のウクレレと1万円のウクレレ
uku03.jpgYOUTUBEが立ち上がります。